contact

BLOG

パイレーツ・オブ・カリビアンを見てきました

  • 2017/06/05/
  • ブログ

試される私の英語力

私のコンドから徒歩5分のところにモールがあり、時間があればちょこちょこと映画を見に行ったりします。フィリピンにおける映画の公開日は日本より早い。たぶん翻訳の必要がなく英語のままで公開できるからですね。映画好きにはたまらんのでしょうが残念ながら私は英語がペラペラなわけでなく、なんなら私が日本語と英語を混ぜて話すジャパニッシュ(インパニーズ?)がオフィスでは蔓延し、スタッフが若干の日本語を覚えてしまう始末なのであります。

そんな私でもシチュエーションと表情で何を言っているかを大体予想できるので、映画の内容は以外と頭に入ってくるものです。ちなみに「君の名は」「進撃の巨人」「るろうに剣心」などがフィリピンで上映された時は英語字幕でしたので、すごく英語の勉強になった事を覚えています。英語自体はもう忘れたけど。

さて、当日の公開予定を確認してみましょう。

映画

ワンダーウーマンゴリ押しです。なんだろう。キッズはみんなワンダーウーマンの方が好きなのかも。私もある意味ワンダーウーマンは好きですけど、パイレーツ・オブ・カリビアンを見なきゃいけないみたいな義務感があります。ちなみに料金は250ペソ。大体560円くらい。日本が1300〜1800円くらいなので大分安いですね。

時間になって中に入るもお客さんは入ってなかったです。あれ?時間間違えた?って思うレベル。あれか、そんなにみんなワンダーウーマンが好きか!私もある意味(以下略)

それでウトウトしながらもパイレーツ・オブ・カリビアンを楽しみ、ポップコーンでベタベタになった手を洗いながら思ったのです。パイレーツ・オブ・カリビアンって話が違っても大体流れは同じだなぁと。まぁ、シリーズ物って様式美を楽しむみたいなところはあるのですけれど、今回はあんまりだ。デジャブすぎてすごく眠くなってしまいました。

大まかに言うと、

敵「ジャ〜ク スパロ〜! ダーイ!」
ジャック「うひょひょひょ」
敵「ダーイ!」
味方「アブナーイ」
ジャック「うひょひょひょ」
敵「グワー、ヤラレター」

fin

みたいな感じですよ。もう次は見なくてもいいかな、って思うんですけどなんか義務感が。

ちなみにエイリアンは先週か、先々週くらいに見たんですけどそれはすごく面白かった。最後のオチが私好み。
ちょっとドジな人が多すぎたけどそれはしょうがないですよね。きれいに滑って転ぶから緊迫感のあるところで私だけ笑ってた。
万が一私がエイリアンと対峙した時には転ばないようにだけ気をつけようと思いました。

FACEBOOK
TWITTER
RSS
TOP